しばきじっこ

柴犬と猫と4才2才息子の育児漫画ブログ

スポンサーリンク

enkeeo ペダルなし自転車を1,980円で買いましたレポ

3月中旬の土曜日の昼下がり、なんとなくAmazonを覗いたらタイムセール開催中。

そろそろ暖かくなってきたし、我が家のちびっ子たちにもペダルなし自転車(いわゆるキックバイク、ストライダーなど)が欲しいなーと思っていたところ、タイムセールにあるではないですか!

f:id:nanpoo803:20190322223429j:plain

なんじゃこれ安すぎか…!
(上の3,590円のやつも50%クーポン有で実質1,795円でした。)

しばし悩んだもののお買い上げしたので簡単にレポートします。

私が購入したのはブレーキありのモデルで、1,980円(送料込)のものになります。

f:id:nanpoo803:20190322223929j:plain

タイムセール割引が -3,000円で、もはや意味のわからない安さ。

enkeeo ペダルなし自転車

「enkeeo」は「エンキーオ」と読みます。

Amazonでたびたびタイムセール対象商品になるので以前からチェックはしていました。(過去にプライムデー、サイバーマンデー等でもタイムセールになっていたはず。)

とにかく安い

f:id:nanpoo803:20190322225124j:plain

https://www.amazon.co.jp/ より画像引用。)

一番の特徴は低価格。

有名どころである『ストライダー』、『dバイク』等が余裕で1万円超えであることに対し、『enkeeo ペダルなし自転車』は定価で4,980円

そしてタイムセールで更に安くなり、ブレーキなしモデルが1,780円、ブレーキ付きモデルが1,980円でした。(※2019年3月16日タイムセール時)

もちろん送料込み。むしろこれ、送料のみぐらいのお値段じゃない!?

一応カスタマーレビューを入念にチェックし、良い意見も悪い意見も踏まえた上で購入を決めました。良い方であってくれ…!

3種のラインナップ

f:id:nanpoo803:20190323100803j:plain

  • ブレーキ付き・ゴムタイヤ
  • ブレーキ付き・EVA素材タイヤ
  • ブレーキなし・EVA素材タイヤ

enkeeo ペダルなし自転車のラインナップは大まかに分けると上記の3種類。

EVA素材タイヤはパンクしない、表面がつるつるしたスポンジみたいな軽い素材。

ゴムタイヤは空気入れ必要、パンクの可能性あり。ちょっと重い。

 

4歳長男にご希望の色を聞いてみたら「オレンジ!」とのことで、オレンジの在庫がある『ブレーキ付き・EVA素材タイヤ』モデルを購入しました。 

私の記憶では年に一度のAmazonプライムデーでもこんなに安くなかったと思うのですが、何があったのenkeeo…。

届いた状態

届いた状態はとってもコンパクト。

えっこの箱に自転車入ってるの!?そして持ってみると意外なほど軽い。

f:id:nanpoo803:20190322230131j:plain

↓ 開封後

f:id:nanpoo803:20190322234637j:plain

ちなみに即日発送され、2日後に到着しました。(関東から発送なので本州なら1日で届くと思われます。)

enkeeo ペダルなし自転車の組み立て方

さて取扱説明書に従って組み立てていきます。

が、日本語翻訳がなんだか不思議です。そんな気はしてた。(中国製)

f:id:nanpoo803:20190322230508j:plain
一行目が読めない。最後の「これで終わり!」がイイですね。

 

内容はほぼ同じなのですが、楽天に掲載されていた説明画像がカラー写真付きで一番わかりやすく感じました。(この画像Amazonにも貼っておいて欲しい…。) 

f:id:nanpoo803:20190322230854j:plain
f:id:nanpoo803:20190322230914j:plain

(↑ https://item.rakuten.co.jp/enkeeo-shop/ より画像引用。)

 

(5)チューブクランクを引き締める、の補足説明。
f:id:nanpoo803:20190322232601j:plain

ロクに説明ないけど、付属品でビニール袋に入っているワッシャー(丸くて平たいドーナツ型の部品)と、ナット(六角形で厚みのあるネジを留める部品)をここで使います。

ワッシャーを付け忘れないように!サドルが同じように留めてあるのでおそらく間違えないとは思いますが…。

 

組み立て手順の写真や、Amazon等にある完成写真をスマホで確認しながら組み立てたら、20分もかからずに完成。

組み立て用の工具(レンチ)も同梱されているので、別途工具を用意しなくても大丈夫。

f:id:nanpoo803:20190322233913j:plain

普通にかっこいい。いい感じではないですか!

よいところ

  • 安価。
  • 片手で持てる軽さ。(約4.5kg)
  • 耐加重50kgまで。
  • ブレーキ付き。
  • 持ち手のゴムがやわらかい。
  • 保管用・自転車スタンド付属。
  • メーカー12ヶ月保証つき。

耐加重50kgなので大人も乗ろうと思えば乗れます。というか乗ってみました。(50kgオーバーですけれど…。)

とくに問題なく乗れたので、子供に乗り方を説明するのはやりやすいのではないかなと感じました。

 

ブレーキは後輪だけですが、いつか本物の自転車に乗るようになったときのイメトレ程度になれば…と。実際はほとんど使わない気もするけど。

 

シンプルながら自転車スタンドが標準で付属してるのはとてもありがたいと思いました。保管時に立てられるのですっきり収納できます。

f:id:nanpoo803:20190323101206j:plain

前輪を乗せるだけ。

気になったところ

  • ステッカーが浮き気味。
  • 泥よけのプラスチック部品がペラい。やや曲がっている。
  • 取扱説明書がややわかりにくい。
  • サドルの高さ調節にいちいち工具が必要。

メーカー12ヶ月保証などもあるので安全面では思ったより悪くはないと思っています。

造りが雑だなーと感じる点は価格相応だとは思います。使用時や安全面に支障はなさそうなので妥協できるレベル。ステッカーの浮いてる部分は指でぐりぐり押して貼りつけました。

取説の日本語訳はだいぶあやしい感じですが、オール英語よりは親切かなと。

 

サドルの高さの上げ下げ調節はナットを回さないとできないため、外出先にも付属のレンチを持っていくことを強くおすすめします。

ヘルメットセットも購入

ペダルなし自転車に乗るからには子供用ヘルメットやプロテクターも必要だ!ということで、これまたAmazonで買いました。

f:id:nanpoo803:20190323101345j:plain

2,593円。(送料込み)

そう…予想してたんですけどね、

ヘルメットセットの方がペダルなし自転車より高いというね。

いやペダルなし自転車の安さの方が意味わからないですしね…。

f:id:nanpoo803:20190323101610j:plain

オレンジの自転車とカラーが合ってて、とてもかっこいい!

ヘルメットも驚くほど軽く、通気性もよく、ヘルメット内側のクッション材の一部は面ファスナー式で、取り外して洗濯OKなあたりが超グッド。汗をかきまくっても安心。

セット内容

f:id:nanpoo803:20190323102141j:plain

  • ヘルメット
  • ひじパッド(×2)
  • ひざパッド(×2)
  • 手首パッド(×2)
  • 専用メッシュケース付き

これだけで全身ガッチリ防御できちゃうラインナップですが、手首パッドはちょっとカチカチに固すぎて大人の私が着けてみても微妙でした…。

最低限ヘルメット。付けてくれるなら、ひざ、ひじガードできれば十分かな。

あと専用メッシュケースもとてもかっこよく、キレイに収納できるのが良いです。

まとめ

安すぎて不安だったのですが、今のところ不便に思うこともなく、私としては大満足です。

1,980円のペダルなし自転車…コスパすごい。

我が家の4歳児も2歳児(もうすぐ3歳)も大喜びです。買ってよかったーー!

おそらく2歳なりたてぐらいはサドルを一番下にしても足がつくかつかないかぐらいかと思いますので、3歳以降ぐらいが目安かと。(体の大きさにもよりそう。)

f:id:nanpoo803:20190323104039j:plain
↑4歳半の長男がサドル一番下にしてこんな感じ。もう少し上げてもいいかも。

 

ペダルなし自転車のメーカーにこだわりのない方ならおすすめできると思います。
(絶対にストライダーじゃなきゃイヤ!とかでなければ…。)

 

冒頭にも記載した通り、enkeeoのペダルなし自転車はAmazonタイムセールに度々登場していますので、セール中のお安いタイミングを見つけたときにぜひ…!